2019.12.28 INTERVIEW

ファッションとITの融合。次世代のパーカー“布スピーカー”クラファン挑戦中!

by STYLE it.編集部

STYLE it.のコンセプトでもあるファッションとテクノロジーの融合を、デザイナーという目線で形にしていく「ファッションテックデザイナー」というワードを聞いたことがありますか?

今回、研究開発プロジェクトとして布状の柔らかいスピーカー【SOUND FABRIC ORCHESTRA】を完成させ、その成果発表としてクラウドファンディングに挑戦されているOlgaさん。布スピーカーを使用したパーカーと、ファッションテックデザイナーという職種についてお話伺ってきました。

現在挑戦中のクラウドファンディング

布スピーカーは、私たちの未来の生活をどのようにかえるのでしょうか?ファッションテックデザイナーO l g aが、布状のスピーカーを使い、インテリアから洋服へと 昇華し、空間演出としてファッションインスタレーションを行います。いつも見ている日常品。ソファーやクッション、枕、椅子、カーテン。。。。もちろん洋服。それぞれが音楽を奏でたら面白そうですよね?日常空間の中でそれぞれが音を奏でるオーケストラになる。
それがSOUND FABRIC ORCHESTRA!

クラウドファンディング特設ページはこちら

ファッションテックデザイナー

ファッションデザイナーと混同されないようOlgaさん自身が名乗っているというファッションテックデザイナー。日本ではまだまだ馴染みのない職種ですが、世界的にみると多く3DプリンタやCGを使用してデザインをする方など手法はさまざま。

Olga:文化学園大学を卒業後、ファッションテックに興味を持ちロンドン・カレッジ・オブ・ファッションの大学院のファッションデザインアンドテクノロジーコースに入学。ブランドの立ち上げ・運営をした後、ファッションテックに特化したデザイン会社 ish inc. を設立。デジタルハリウッド大学院の助教も務める。

 

技術を重ねることが面白い

─ なぜファッションテックに興味を持ったんですか?

「最高、超面白い!」って思ったからですかね。ファッションテックデザイナーって新しいことや概念を追いかけつつ、技術を積み重ねられるんですよ。今回の布スピーカーも新しい技術で、ここからがスタート。これからいろんな会社と協賛・協業していくことで、次のステージに行けるので、エンジニアさんと一緒に育っていきたいなと思っています。

─ どんどん新しい技術を身につけているんですね…!

毎回新しい技術を勉強するので、結構大変なんですよ。布スピーカーはエレクトロニクス系の知識があれば開発できるんですけど、私はまだAIにあまり触れてこなかったので、AIを使ったパターンをやるとなると勉強しなくちゃいけない。でも、そういったテック系の知識を積み重ねるということが、ファッションテックデザイナーがやることなのかもしれないですね。

目指すのはファッションとテクノロジーの融合

─ 会社の理念でもある”テクノロジーをファッショナブルに”というコピーに込めた想いはありますか?

これはニーズを表していて、ファッショナブルな人たちの中にはテクノロジーが入ってこないし、テクノロジーの中にはファッショナブルな要素が必要だったりするので。その文脈で私が必要とされることが多かったので、会社の理念として掲げました。

─ ファッション×テクノロジーの融合は難しいですか?

テックの中にファッションを浸透させることはできるんですけど、ファッション業界の中にテクノロジーを浸透させるのはすごく難しいんですよ。それでも最近はハイブランドでテック系の要素を取り入れはじめているので、そういうところからみんなが着られる服として昇華されていって、渋谷PARCOのどこかのお店で光る服を1万円以下でたくさん売り始めるということも全然あると思うんですよね。まだ時間はかかるかもしれないけど、昔よりは難しいと思わないですね。

─ なぜ、ファッションテックが注目される前から活動を続けることができたんですか?

でも、挫折もしてますよ。PARCOで店舗を持っていたときはスタッフに「これはCGでパターンメイキングをしていて」って言わせてたりしたんですけど、やっぱり伝わらなくて(笑)今はTFL(=Tokyo Fashion technology Lab)ができたり、大学院でもファッションテックラボや、学部では超ファッション進化論を教えたりしているので、どんどん下が育ったきている感じがありますね。だからこそ、自分はもっと先に行かなくちゃいけないなという気持ちですね。

布から音がする次世代のパーカー

2020年1月31日までのクラウドファンディング挑戦期間中、渋谷PARCO 1F BOOSTER STUDIO にて、布スピーカーを体験することができます。臨場感のある音楽体験をしに足を運んでみてください!

─ クラウドファンディングをやろうと思ったきっかけはなんですか?

自分のブランドをやっていたときにPARCOさんに出店していたんですよ。で、渋谷PARCOが生まれ変わる話をFacebookに書いていたらテックの担当者さんが「なにかやってください」と声をかけてくれて。ちょうど産総研と共同開発を行なっていたこのプロジェクトが動いているタイミングだったので、研究開発中もいろんな方に見てもらって、体験してもらうためのファッションインスタレーションをやりたいと思ってはじめました。

─ 実際にやってみていかがでしたか?

クラウドファンディングをやっていなくても営業や広報活動は行わなくちゃいけなかったので、その両方をクラウドファンディング上でできたのは良かったですね。布スピーカー以外にもいくつかプロジェクトを抱えているんですけど、今回のクラウドファンディングをきっかけに他も盛り上がってくれたらいいなと思っています。

─ 布スピーカーを体験された方はどんな反応をされますか?

「わあ!」って言いますね(笑)一見普通のパーカーなので、着て聞くと感動してくれます。周辺の環境音と共に普通の音楽がサラウンドみたいに360°包まれるような音の体験ができるんです。これが広がると、エンターテイメントと音楽の楽しみ方が変わるし、空間デザインも変わりそうですよね。

─ スピーカーの音質はいかがですか?

音質はまだトランシーバー以上イヤホン未満といった感じですね。Bluetoothで飛ばしているので、音質にこだわりたいという方にはまだ満足してもらえないですね。もちろん音質をよくする開発も進めてますし、洗濯対応もしたいなと思っています。ビジネス的な展開でいうと、洗わなくていいものを利益化しつつ、洗濯対応をしていく方が現実的かもしれないです。

面白いことに挑戦し続けていたい

─ ファッションテックデザイナーとして挑戦していきたいことはありますか?

最近決めたんですよ!(笑)売らないファッションブランド…今までにないような「え?!」って思われるような面白いブランドをやりたいですね。

─ 売らないブランド新しい!やっぱりやりたいことはなくならないんですか?

無くならないですね。新しいアイディアを持っていたり、なにこれ?と思うような研究をしてる方も多くて、そういう方達と会ったときに自分の中で面白そうって思ったら実行していく感じなので、面白い研究者とかネタがある以上は新しいことに挑戦していきたいですね。

 

下記URLから今プロジェクトの詳細やリターンなどがチェックできます!こちらも合わせて見てみてください。

クラウドファンディング特設ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/209036?fbclid=IwAR31uDVP0dsTvWal5oSxycj50KJru61FsfqgHl89SF0NwZcguXGvhI9eR0Q

ish inc.:https://www.web-ish.com/


ファッションテックの授業を行なっているTFLさんの取材をさせていただいたときと同じように、Olgaさんの話を聞いてテクノロジーがここまで進んでいることに素直に驚きました。音が聞こえるパーカーと聞くと、スピーカーが内蔵されているのかな?なんて思っていたのですが、布から音がする…しかも将来的には洗濯もできるかもしれない。知れば知るほど、わくわくとドキドキが止まらない素敵なお話を伺うことができました。ファッションテックデザイナーとして、カテゴリに囚われずさまざまな挑戦を続けているOlgaさん。布スピーカーのインスタレーションはもちろん、売らないファッションブランドや今後の展開を、いちファッション好きとして心待ちにしています。

TAG

RELATED ARTICLES