2019.11.08 EVENT

【イベントレポ】インスタグラマーに聞いた“個人”のInstagram運用術

by STYLE it.編集部

先日、アパレル販売員を応援するメディア【Topseller.Style(トップセラースタイル)】が主催する「1年未満でフォロワー1万人を達成したインフルエンサーが語るソーシャル運用方法」というソーシャルマーケティングセミナーにお邪魔をしてきました。

今イベントでは【「こだわり」が収入になる!インスタグラムの新しい発信メソッド】の著者・艸谷まゆさんが登壇。専業主婦からインスタグラムでお仕事をするようになり、現在はマーケティング支援会社【株式会社grams(グラムス)】を創業しインスタグラマー社長と呼ばれている彼女が、“個人”がインスタグラムの発信力を高める方法についてお話してくださりました。STYLE it.では、企業も知っておくべきインスタグラム運用のポイントをピックアップしてご紹介いたします。

深地さんがコラムで執筆して下さった書評も合わせてチェックしてみてください。

フォロワーを増やすためにやってる?Instagramは幸せを与えるツールなのかも

ちなみに私も読ませていただいたのですが、なによりも努力がすごい…。やる気さえあれば再現性の高いHow to本になっているので、インスタグラマーを目指す方はもちろん企業のアカウントを運用している方も読んでみてください。そして、軽く「アカウント運用してよ」「フォロワー増やしてよ」と言ってくる上司・マネージャー・クライアントなどにそんな簡単なことじゃないんだ!と伝えるために勧めてみてもいいかもしれません(笑)

フォロワー1万人までの道のり

フォロワー150人の鍵アカウントからたった10ヶ月でフォロワー1万人を抱えるインスタグラマーになれたのは、1日10時間インスタグラムに触れるほど徹底的に研究し運用してきたからこそ。話を聞くほど、中途半端な覚悟では運用できないな、、と感じました。個人・企業に関わらずインスタグラムを運用している方は、これから紹介するいくつかのポイントを抑えて運用に活かしてみてください。

1)2種類のインスタグラマー

いわゆるインスタグラマーには2種類の形がありました。

1.ヴィジュアルがメインとなる、本人がモデルのようなインスタグラマー

2.専門性の高いインスタグラマー

前者は、自撮りをアップしたりユーザーが憧れるようなインスタグラマー。後者は、顔出しはしていなくても何かに特化した情報を発信しているインスタグラマー。まずは自分がどちらに向いていてどちらになりたいのかを決める必要があります。

 

2)テーマを決める

2種類に分かれていることに気がついた艸谷さんは「後者であれば自分でもインスタグラマーになれる」と思い、まずはどんな専門性を持たせるか、何をコンテンツにするかを考え、好きだったファッションを取り入れたファッション×カフェにテーマを決定。

カフェの紹介をしているインスタグラマーはたくさんいたんですけど、ファッションがカフェにマッチしていなくて。そこがすごく違和感だったんですよね。そこで私は、カフェだけでなくカフェに合わせたファッションを提案することにしました。

テーマ設定は企業のアカウントにとってもとても重要。「誰のために、なにを、発信するか」を決めて発信内容をブレさないことが、アカウントのファンになってもらうための秘訣です。また、艸谷さんのように数あるアカウントの中で差別化をするポイントを探ることも大切。カフェを紹介する、映える場所で写真を撮る、ファッションを紹介する、それぞれ既に人気のアカウントは数えきれないほど存在しています。しかし、それぞれの要素を組み合わせることで自分だけのコンテンツをつくることができます。

 

3)アカウントの作り込み

 
艸谷さんのアカウント@may_ugumram

 

テーマを決めたら、テーマに沿った投稿はもちろん

・プロフィール欄の設定

・アイコン画像

・トップに表示される投稿

を作り込むことが大切。基本的にユーザーはハッシュタグ検索からアカウントにたどり着くので、普段どんな情報を発信しているのかを分かりやすくするためにプロフィール欄をしっかり作っておく必要があります。フォローするかしないかを判断するのはほんの一瞬。その一瞬でユーザーの興味を引くアカウント作りを目指しましょう。

 

4)アカウントの存在を知ってもらう

Twitterに比べ、アカウントの存在を知ってもらうことが難しいインスタグラム。その中でフォロワーを増やそうとするなら、

・ハッシュタグの活用

・いいね周り

ハッシュタグを活用することはもう当たり前。ただ、投稿されている数が多すぎるハッシュタグをつけても、ユーザーがアカウントにたどり着いてくれる可能性が低いので要注意です。(#tokyo,#fashion,#お洒落さんと繋がりたい etc…)。そして、存在を知ってもらうためにはいいね周りも有効。1つのアカウントに対して2〜3ついいねをつけることで、より存在をアピールすることができます。

 

5)ストーリーズも見逃せない

もはやメイン機能とも言えるストーリーズ。位置情報やハッシュタグ、アカウントのタグ付などから新規フォロワーが増えることもありますし、写真よりも投稿するハードルが低いため気軽にフォロワーとのタッチポイントを増やすことができます。フォロワーが1万人を超えるとURLを貼れるというポイントも、企業やインスタグラマーにとっては見逃せない機能。

しかし、インスタグラムはユーザーとの親和性が高いアカウントを優先的に表示しているため、ユーザーはフォローしているアカウントの中でも気になるアカウントのストーリーズしか見ていません。(企業アカウントやインスタグラマーになると10%以下なのだとか…)そこで、フォロワーから熱量の高いファンになってもらうためにもストーリーズの活用が有効なのです。アンケート機能や質問機能、さまざまな機能を駆使してフォロワーとのコミュニケーションを楽しんでみてください!

ストーリーズの機能についてはこちらの記事で解説しています。

使いこなせばもっと楽しい。ハイライト・ネームタグなどInstagram7つの機能

個人がインスタグラマーを目指す上で大切なこと

イベント内で艸谷さんがお話してくださったことを簡単にまとめただけでもかなりの情報量になってしまいました…。が、イベントや本ではより多くの濃い内容を記してくださっています。そんな彼女が、これからインスタグラムを始める方に向けて、こんなことを仰っていました。

自分が発信している内容は他の人が見ても価値があるものなのか。届けたい人は誰か、見たい人は誰か、ターゲットをきちんと決めて発信することが大切です。生まれ持った才能が無いとインスタでは通用しないと思っていたけど、自分にしかわからないような小さなこだわりでも突き詰めて発信を続ければ気づいてくれる人はいるし、一般人である私がロールモデルとなって証明することでインスタグラマーを目指すたくさんの人の背中を押したいんです。

インスタグラマーを目指してから1年も経たずに本を出版し、企業アカウントのコンサルを担うまでに自身の環境を変えた艸谷さん。それは運の良さ、ヴィジュアルの良さではなく、研究をし、ロジカルに考え実践をし続けてきたからこそ。直接イベントでお話を聞いて、改めてその熱量を感じることができました。


 

イベントでは、他にも【株式会社DeepValley(ディープバレー)】の代表・深谷玲人さんが、製造トラブルをゼロにするSaaSシステム【AYATORI(アヤトリ)】についてご紹介してくださったり、Twitterインフルエンサーとして、SNS・ブログのコンサルタントをされているkeiさんもご登壇されていました。今回のイベントに関するツイートなどは「#トプセライベント」で見ることができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

TopSeller.Styleの四元さん、深地さん、機会をいただきありがとうございました。

企画運営:TopSeller.Style(https://topseller.style/

艸谷まゆ:Instagram @may_ugram

Twitter @may_ugram

TAG

RELATED ARTICLES