2019.10.30 COLUMN

トラフィック獲得の秘策?ラグジュアリーブランドのゲーム4選

by 深地雅也

こんにちは、深地です。

突然ですが皆様、スマートフォンでゲームをしたりする事はございますでしょうか?

今や、電車に乗っていると大概の人はスマートフォンを凝視していますし、そのうちの多くはゲームをやっている人のように思えます。とある調査では、日本のスマートフォンのゲームユーザーは約3000万人近くいると推測されており、それが本当なら日本人の4人に1人はスマートフォンゲームをやっている計算になります。それくらい日本人にとって一般的な「ゲーム」という存在。そして、そんな流れはファッション業界にも押し寄せて来ています。

COACH「THE ARCADE」

THE ARCADE

上記はもう終了していますが、2017年末に【COACH(コーチ)】が実施したキャンペーンです。進めていくと、COACHの商品がゲーム内に登場したり、ECサイトへの導線が引かれたり、期間中は東京近郊のショップでオフラインゲームを用意したりと、非常に面白い仕掛けをされていました。

これを皮切りに、いくつかのラグジュアリーブランドで同様の動きが見られるようになってきました。スマートフォンゲームが一般的になってきた昨今、ユーザーの可処分時間を獲得し、ブランドへの認知・ロイヤリティを高めるのに有効な手段だと判断したのでしょう。今回は、そんなラグジュアリーブランドがどのようなゲームを展開しているのかをまとめてご紹介したいと思います。

GUCCI

アプリがリッチコンテンツに溢れている【GUCCI(グッチ)】ですが(ARで試着体験できたり、コレクションを動画で見れたりもします。)、アプリを取得し、アカウント作成すればゲームが利用できます。

アイコンの蜂がゲーム内で使われていますが、この蜂を操作して、星を獲得するのがゲームの目的。途中、他の虫とぶつかるとゲームオーバーです。ある程度進めていたのですが、ステージがちょっと難しくなるだけで延々続いていく様子。点数獲得したらゲーム内でGUCCIのアイテムでも贈呈してくれるんでしょうかね。

Burberry

【Burberry(バーバリー)】はブラウザから操作できるゲームを発表。PC・スマートフォン両方で操作できるのですが、最初にキャラクターに着せるダウンを選んで(3種類選べます。)

ゲームスタート!

とにかく高く飛べれば得点が上がるのですが、期間限定でハイスコアを出した人にはダウンジャケットがもらえるといったキャンペーンを実施中。

そのせいか、皆んな気合い入りすぎてすごい高得点を出してますね…。

自分の好きな文字を印字した画像もダウンロードができるようになっています。

CHANEL

【CHANEL(シャネル)】はスマートフォンのゲームではないのですが、期間限定でオフラインで「ココ ゲームセンター(COCO GAME CENTER)」というプロモーションを実施。

世界初「シャネル」のゲームセンターが原宿に限定オープン

シャネルの世界観をゲームで演出するだけでなく、ゲームを進めるとサンプルやギフトを手に入れる事ができるという施策。COACHのゲームのすぐ後だった事もあり、「盗作?」という憶測が流れたのが記憶に新しいですね。それだけ「ゲーム」という施策がブランドにとって効果的だという判断だったのでしょう。

また、上記のようなキャンペーン要素が強いもの以外に、「 Drest 」というスタイリングゲームも出てきております。こちらのゲームはGUCCIとパートナーシップを結んでいるそうなのですが、

モデルにスタイリングを施してスコアを出していくといった内容になっています。出てくるブランドは全てラグジュアリーブランドで、プレイしているとブランド名を勝手に覚えそう。新シーズンの商品もまずはゲームでプッシュしておいて予約を取ったり、なんて事もできそうですね。


今回はラグジュアリーの事例を用いてご紹介しましたが、GUなんかでもかなり以前からアプリ内でゲームができました。もちろん、滞在時間が伸びたからと言ってセールスにすぐ直結するとは限らないので、ユーザーにどういうアクションを起こしてもらうかは初期に緻密な設計が必要になるでしょう。

ちなみに筆者は全くゲームをやりませんが、こういった仕掛けがある度に、「とりあえずはプレイしてみよう!」という気にはなりますので、トラフィックの獲得には非常に効果的ではないでしょうか。ブランドの販促・広告にとって今後「ゲーム」がどのように扱われていくのか注目ですね。

TAG

RELATED ARTICLES