2019.10.24 NEWS

3ミニッツ×買えるAbemaTV社が、インフルエンサーD2Cをスタート

by STYLE it.編集部

インフルエンサープロデュースブランド「mewen(ミューエン)」

【株式会社3ミニッツ】と、インターネットテレビ局【AbemaTV(アベマティービー)】を通じたインターネットテレビショッピング事業を行う【株式会社買えるAbemaTV社】が協業し、インフルエンサープロデュースブランド【mewen(ミューエン)】をスタート。

影響力を持つインフルエンサーの増加により、これまでのファッションメディアが発信する情報だけではなく、お気に入りのインフルエンサーが発信するファッションに憧れる人が増えてきています。ファッションに求める嗜好が多様化する一方で、世界的に持続性のある(=サステナブル)社会を目指す動きの活発化や、大量生産および大量廃棄による環境破壊などに対する社会的な意識も高まっています。

今回開始する「mewen」は、人気インフルエンサーがプロデュースするファッションアイテムを完全受注生産することで、多様性と持続性という2つの大きな課題を解決していくD2Cプラットフォームを構築していきます。

これまでに【eimy istoire(エイミーイストワール)】や【ETRÉ TOKYO(エトレトーキョー)】など、著名インフルエンサーがプロデュースするファッションブランドを成功させてきた3ミニッツが、Z世代の憧れのインフルエンサーがコーデするファッションの商品開発とクリエイティブ制作を担当。また、10代から20代に人気のある「AbemaTV」で通販を展開する買えるAbemaTV社が販売と集客を担うとともに、実際の商品生産を株式会社 【スミテックス・インターナショナル】が担います。

11月1日に開始する「mewen」では、2週間の予約期間を経た後、35日後に商品をお届けする完全受注生産モデルで展開していきます。各インフルエンサーは1ヶ月ごとに1コーデ5アイテムをプロデュースし、第1弾では6人のインフルエンサーが合計で30アイテムをプロデュースします。またインフルエンサーは3ヶ月間プロデュースを担当し、1インフルエンサー当たり3コーデ15アイテムを期間中にプロデュースした後に、新たなインフルエンサーと交代して展開していく予定です。

 

「mewen」とは

「mewen」は、今をときめくインフルエンサーの女の子が本当に自分が着たいと思える商品をプロデュースするブランドです。「mewen」の中で出会うインフルエンサーやファッションを通じて、新しい自分に出会ってほしいというコンセプトから、ブランド名にも想いが込もっています。

「mewen」の最後の3文字を逆から読むと「new」、最初の文字は「me」。

第1弾として、Z世代の女の子に人気のある木村なつみさん、RUIさん、古澤里紗さん、たけうちほのかさん、土屋怜菜さん、8467(やしろなな)さんの計6名のインフルエンサーとコラボ。6名のインフルエンサーが本当に着たいと思える全身コーディネートを1スタイルずつプロデュースした商品を11月1日の「mewen」オープンと同時に販売開始します。

 

ブランドサイト:  https://mewen-store.com/
Instagram: https://www.instagram.com/mewen_official/
Twitter: https://twitter.com/MewenOfficial

プレスリリース元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000011770.html


■株式会社買えるAbemaTV社
インターネットテレビ局「AbemaTV」を通じたインターネットテレビショッピング事業会社。現在、「AbemaSPECIALチャンネル2」にて毎週木曜日夜11時にインターネットテレビショッピング番組『買えるバトルクラブ』を放送中です。『買えるバトルクラブ』は、ライバル関係にある2人が自信を持っておすすめする”勝負アイテム”での販売対決をテーマに本気でプレゼンを行い、どちらがより多く売ることができたかを己の販売力で白黒つけるショッピングコロシアムとして、毎回そのバトルの動向が話題になっています。

■株式会社3ミニッツ
3ミニッツは、「クリエイティブ制作力」と「インフルエンサーネットワーク」を活かし複数の事業を展開しています。コマース事業では、D2Cの先駆けでもあるプライベートブランド「eimy istoire」・「ETRÉ TOKYO」と2つのレディースアパレルを展開し、SNS上での共感をリアルな世界へ拡げ、多くのユーザーから支持され大きく成長してます。

TAG

RELATED ARTICLES