2019.09.12 EVENT

もったいないをなくしたい!廃棄予定のアイテムを利用したコンテスト開催

by STYLE it.編集部

服の二次流通ソリューションを提供する【MODALAVA株式会社】が、廃棄予定のアパレル在庫商材を活用した、服のリメイクコンテストを開催いたします。

REFASHION CREATOR COMPETITION

「捨てるしかない在庫をどうにかしたい。」という繊維商社からの依頼をきっかけに開催することとなった今回のREFASHION CREATOR COMPETITION“リメイククリエイター大賞”。地球環境・人に優しい繊維の開発などに力を入れていて、エシカル活動に熱心な繊維商社がMODALAVAに在庫を提供し、Z世代からシニア世代などさまざまな方が参加できるコンテストとなっています。

ファッション業界の課題、大量廃棄。ファッション業界のサステナビリティ実現に向けて、クリエイティビティ×センスで貢献できるのがこのコンテスト。廃棄されてしまう新品の服を材料に、自由にリメイクして、新しい命を吹き込んでください。コンテストを通じて、スキルも磨き、試せる。本気でファッション業界のゲームチェンジャーになりたい人が集まるコンテストです。

コンテストについての詳細はこちら

「こっそり捨てる」を無くしたい

(R→L)亀甲かりんさん:MODALAVA(株)CBO  / 桂茉利子さん:MODALAVA(株)CEO

 

─ コンテストを通して伝えたいことはありますか?

桂さん(以下敬称略):コンテストの目的は廃棄をなくすことなんですけど、それ以前に在庫があるということを隠そうとしている企業がいることがよくな

いと思っていて。在庫があったとしても、「こんな風に活用してるよ。」とオープンにできるようになって欲しいんです。

─ なるほど。廃棄に関する業界の意識は変わってきたと思いますか?

亀甲さん(以下敬称略):今までだと隠すために手っ取り早くお金をかけずにこっそり捨てていたものを捨てないために、お金をかけて在庫問題を解決していくという意識になってきた気がします。最近は課題解決に向けて企業が動き出しているような空気があります。

関心を持っている人がたくさんいた

─ プレスリリース発表後の反応はいかがですか?

亀甲:募集をはじめて2,3週間で、まだ広告を回している段階です。あまり発信ができていないにも関わらず50人弱の方から応募がありました。私たち自身参加者を集めることに苦労するのではないかと思っていたんですけど、ちょっとした広告で興味を持ってくださる方が予想以上にいたので嬉しいですね。

:参加してくださる方は学生さんが多いですかね。他には。元々服飾に関わる仕事をされていて、今は主婦をやっていたり別の仕事をされている方とかもいらっしゃいます。

亀甲:この取り組みが盛り上がることで、サスティナブルやリメイクなどのサイクルに関心を持っている人がたくさんいるということが企業にも伝わって、協力してくださる方が増えたらいいなと思っています。

目的はあくまでも“服を救う”こと

─ 参加者に伝えたいことはありますか?

:私は、作品作りってみんなが「プロみたいなすごいものを作ろう」と思わなくてもよくて、表現方法の1つだと思っているんです。作る側も切る側も、ファッションそのものが表現じゃないですか。私にとってこのコンテストはサスティナブルに参加するという表現の1つとしてリメイクに挑戦してみて欲しいと思っているので、ぜひ参加していただきたいです。

亀甲:「どうせ入賞できないし」とか思う方もいらっしゃるかもしれないんですけど、素晴らしい服を作ることではなく、捨てられてしまう服を救うことが目的なので、少しでもサスティナブルに貢献したいと思う心があるなら誰でも参加してほしいですね。

─ コンテストだからといって気負わないで欲しいってことですね。今後の展開として考えていることはありますか?

亀甲:コンテストの次の展開としては、atelier HIKITSUGIというリメイクコミュニティを2020年1月から運営させようと企画しています。毎月980円〜の定額制で会員登録することができ、誰かが要らなくなった洋服をピックアップできるイベントに参加したり、リメイクに関するワークショップに参加できるコミュニティにしようとしています。

 atelier HIKITSUGIについてはこちら

:コミュニティの中から、職人のような方が出てきて欲しいなとも思っていて。日本ってサステナビリティの面において後進国だと思われているんですよ。なので、世界に向けてリサイクルした服を発信していくことで、価値を作っていきたいと考えています。

 

REFASHION CREATOR COMPETITION:https://www.a-hikitsugi.tokyo/

MODALAVA:https://www.modalava.com/


【参加資格】

・東京で開催されるオープニングイベント(リメイクの最良になる服をピックアップするイベント※下記参照)に参加できる方
・年齢不問(未成年の方は保護者の承認が必要)
・LINE で作品の画像を提出できる方

【コンテスト参加費】

・無料(※ただし、オープニングイベントへの参加は有料)

【エントリー作品条件】

・作品は何点でもエントリー可
・参加者のオリジナル作品に限る
・エントリー作品の所有権は制作者に帰属する
・完成作品1アイテムにつき、50%以上にオープニングイベントでピックアップされた服が使われていること
・ウィメンズウェア、メンズウェア、キッズウェア、雑貨など、人が身につけることができるものであること

【オープニングイベントについて】

・日程:10月12日(土)、15日(火)※いずれかまたは両日参加
・時間:16:00〜19:00
・参加費:1,500円/回 (高校生割引 1,000円)
・場所:豊島株式会社 東京本社 ショールーム(秋葉原)
・内容:ドリンク・軽食のケータリング、atelier HIKITSUGIのリメイク作品の展示、装飾部品(ボタン・ジッパーなど)の販売
・商材:シャツ、Tシャツ、ニット、パンツ、アウターなどの秋冬がメイン
・ピックアップ点数:1人5点まで

※リメイク作品の材料は豊島株式会社の未販売在庫を使用いただきますので、その材料を選ぶためにイベントへの参加は必須となります。
※会場までの交通費は参加者各自でご負担ください

【審査基準】

・廃棄在庫の有効活用の程度(どれだけ無駄なく制作できたか)
・インスタグラム投稿のいいね数
・クリエイティビティ
・実用性

【参加申し込み方法】

・特設ページの申し込みフォームよりご応募ください
・作品制作後、LINEにてエントリー作品画像と作品情報を送付いただきます(※LINEが使えない方は、弊社がインタビューさせていただく代わりに写真を撮りに伺うことも可能です。別途ご相談ください。)

【参加申し込み方法】

・10月6日(日)23:59まで

【作品エントリー〆切】

・11月15日(金)23:59まで

詳細はこちらから

TAG

RELATED ARTICLES