2019.07.09 NEWS

goaディレクターが再始動!新ブランドUNBLEACHEDリリース

by STYLE it.編集部

2002年より活動をスタートし、ネイティブやミリタリーなど、独特の世界観が人気を集めていたブランド【goa(ゴア)】。2018年の解散後もファンからのお問い合わせがあり、今回新ブランド【UNBLEACHED(アンブリーチド)】としても再び立ち上がりました。洋服屋として、生成り綿のように純粋に、今本当に届けたいスローファッションと向き合いたい。そんな思いから名付けられたそうです。

https://unbleached.net

大量生産からスローファッションへ

“ビッグフードジャケット“伝説をもう一度!

Nomad Long Big Hood Jacket(レディース・メンズ)

goa設立当初から10万枚以上を世に送り出した、“ビッグフードジャケット”。モンスターパーカをベースにしたミリタリージャケットは、goa解散後も長年大事に着用しているお客さまがいることを知り、新ブランドの立ち上げにあたり、「それまでの大量生産のものからより長く着てもらうことを前提としたアイテムを送り出したい」という思いを持ったそう。

Nomad Big Hood Jacket8(レディース・メンズ)

そのために、アイテムに合う素材探しからリスタート。試行錯誤の結果、ビッグフードジャケットはチノクロスではなくウエストポイントというツヤとハリを持ち合わせる上部で上質な素材に。冬も着用可能なライナー付きのモッズコートには“天然素材のロールスロイス”とも呼ばれる高機能の「VENTILE」。またサーマルは、今はあまり使われない暖かい高級なハニカムサーマルを別注しています。

すべては“人”にはじまり“人”に届く

Denim Mods Coat(レディース)

小ロットでの生産にはたくさんのハードルがあります。でも少しだからこそ全ての商品に目を配れるということは、今の我々のマスト事項でした。今までの取引先なども、はじめ驚いていたこのインディーズ事業も、気持ちを伝えるうちにおもしろがってくれるようになり、大きな協力を得られました。

日本の職人さんたちへの尊敬の気持ちやスローファッションを掲げていることから“日本製”というキーワードが気になっていたというUNBLAECHED・大西さん。こだわりの製品を作ること、お客さまへの負担のことなど様々な葛藤を乗り越え、彼らが着地したのは、“すべては人”だということ。国籍、性別などは問わず優秀な人材により支えられている。心のある人もたくさんいる。望んでくれるお客様がいて、協力してくれる人がいて、その人たちに恩返しをするという繰り返しこそ、昔から日本人が築いてきた人のつながりだと信じているそう。

[UNBLEACHED]は自分たちなりのスローファッションを目指していきます。多くの方に着ていただけるよう、一歩一歩前へ進みます。

公式HP:https://unbleached.net

※新しいビッグフードジャケット[Nomad Big Hood Jacket]や、ライナーつきのモッズコート、タイのカーヴィングアーティストによるバッグなど、ただいまの受注期間は2019年6月26日(水)~7月28(日)となっております。


UNBLAECHED
(OHARICO TOKYO)代表
大西良夫
東京都港区芝浦2-14-13-504
tel:03-6436-7878
onishi@oharico-tokyo.com

https://unbleached.net
Instagram @unbleached.official

 

プレスリリースはこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000046586.html

TAG

RELATED ARTICLES