2019.04.24 COLUMN

「タグ」の色で服の機能や用途を伝えるブランド、MAISON SPECIAL

by 深地雅也

こんにちは、深地です。

ファッション業界に10数年生息している筆者ですが、一口に「ファッションブランド」といってもその育て方・売り方は様々。企業の特色によっては得意な領域というものが存在するので、プロダクトに強いブランドもあれば、プロモーションに偏重する企業もあったり

そんな中、ブランドを創り上げていく、いわゆる「ブランディング」が上手い企業としていつも注目している【サザビーリーグ】という会社がありまして。

 

サザビーリーグ「ロンハーマン」や「エストネーション」などの高感度ブランドやセレクトショップなどを運営している企業。

 

そのサザビーリーグから今年の3月にオープンした【MAISON SPECIAL(メゾンスペシャル)】というショップが、面白い展開の仕方をしていたのでご紹介したいと思います。

 

<ブランドコンセプトは?>

ABOUT US

SPECIAL IS YOUR STANDARD.

というキャッチコピーが明快で刺さりやすいですね。コンセプト文にある、

SPECIALな日常を創り出す服」

SPECIAL を、STANDARDに」

という部分が「わかる!」と膝を打ちました。ファッションは毎日を楽しく豊かにしてくれるものと考えているのですが、まさにそれを目指されているブランドではないかと共感します。

 

<タグでラインを分けている>

Webサイトには掲載されていないポイントとして、「タグ」でラインを分けているようです。大まかには3つほどラインがありまして、

 

■イレーションシック

デザイン性やトレンド・装飾重視のライン。デザインのみならず、実用面を考えた素材使いも特徴の一つです。

 

ユーティリティベーシック

その名の通り機能性に富んでいて、ベーシックなデザイン中心のライン。

 

モダンスポーツ

パッと見た感じではデイリーユースできるスポーツラインですが、ディティールや素材面において機能性が重視されています。

お気づきの方もいらっしゃるでしょうけど、タグの色がラインごとに違っていて、直感的にその差がわかるようになっています。一つ一つの商品に何が“SPECIAL”なのか、 カラー毎にブランドのメッセージが込められているそうですが、こういった細かいポイントでその製品の特徴や着る用途がわかるのって買う側にとっても便利ですし、記憶にも残りやすいですね。

 

<買いやすいお値段>

 

気になるお値段ですが、実はかなり買いやすい価格なんです。上記の方のツイートからもわかりますように、春夏用のスーツがセットアップで2万円しません。こちらの商品は帝人のソロテックスを使用していて、着心地が良く、取り扱いも簡単で便利な1枚です。機能性に富んだ商品はデザインで劣る事が多いのですが、そこはサザビーリーグが担保していますので、機能性・デザイン性に優れているのにお値段もそこそこ安いという物が出来上がっています。「ハイファッションとハイファクトリーの融合」を掲げられていますが「まさに!」って感じです。筆者もここのアイテムを1枚即買いしてしまいましたが、切実に大阪に店舗作ってほしいですね。

余談ですが、何とショッパーが有料で販売されていました。ショッパーがブランド認知に繋がるというお話は以前書いていますので、良かったらご参考までに。

 

ブランドの顔「お買い物袋」のメディア化がエコに繋がる?

MAISON SPECIALのブランドコンセプトにもあるように、今の時代は「モノ」や「情報」が溢れていて、ユーザーにとって何が価値のある物なのか判断する事すら難しくなってきています。そんな中、“タグ”というブランドにとって必須の「部品」で直感的に分類できる、使い方がわかるという発想はこの供給過多の時代において、商品の価値をわかりやすく訴求する一つの手段になるのではないでしょうか。いかにブランドが発信する情報をわかりやすく簡潔に伝えるか、そのヒントがこのタグから感じられた次第です。

TAG

RELATED ARTICLES