ブランドの顔「お買い物袋」のメディア化がエコに繋がる?

環境に配慮し、倫理的に正しい行動をする、いわゆる「エシカル」や「サステナビリティ」がバズワードになっているファッション業界ですが、その一環か、ショッパー(お買い物袋)を有料化する事で、プラスチック製バッグの使用を抑制し、マイバッグの利用を推奨。そして、そこで得たお金を寄付に回すなどの取り組みを進める企業がポツポツと増えてきました。