2019.01.25 TREND

【編集部おすすめ】ワンランクお洒落なストーリーズを叶える、3つの加工アプリ

by STYLE it.編集部

nstagramユーザーにとって切っても切れないストーリーズ機能。最近では企業やブランドアカウントも利用しています。今回は、そんなストーリーズをよりオシャレに見せてくれる3つの加工アプリと簡単な使い方をご紹介します。

 

ストーリーズ内でできる加工法はこちらの記事で紹介しているので、チェックしてみてください。
ちゃんと使いこなせてる?Instagramのストーリーズを120%楽しむ加工法(写真Ver.)

 

Unfold

シンプルなデザインテンプレートが魅力的な、ストーリーズ専用のアプリ【Unfold(アンフォールド)】。加工アプリはたくさん機能が付いていて使いこなすのが難しいと感じる方も多いかもしれませんが、Unfoldはテンプレートの数や、フォント・使える色も少ないので選択肢が少なく逆に使いやすいんです。

CS1のテンプレートが無料で使えるテンプレートです。有料テンプレートも多くあるのですが、無料の部分だけでも十分オシャレに加工できるのでご安心ください!

 

好きなテンプレートを選択して、画像・動画を挿入。テンプレートのデザインによって挿入できる画像の枚数は決まっているので、どのテンプレートにするかは悩みどころ。

右下のマークをタップすると色の変更やテキストの追加ができ、テキストを入力すると出てくる[TEXT EDIT]をタップするとフォント・サイズ・文字間などを変更できます。こちらも必要最低限の機能のみなので使いやすさ◎

Unfoldはフォルダを分けて画像を作ることができ、一括で保存もできるのでストーリーに連続投稿をしたい時におすすめ。個人的には、旅行の思い出などをアルバムのようにまとめて使ったりしています。

App Store

Google Play

 

PicsArt

汎用性が高く、ストーリーズ以外でもとにかく活躍してくれる【PicsArt(ピクスアート)】。写真・動画の編集ができる上に、正方形やストーリーズのサイズだけでなく、Twitterの投稿&ヘッダー、Youtubeのサムネイルのサイズまで備わっているので、頻繁に加工をする方だけでなく、企業のSNS担当者さんにもぜひ使っていただきたいアプリです。

ストーリーズ用の画像を作る際は、「テンプレート」と「コラージュ」を使うのがおすすめ。機能は多めですが、デザインにこだわらない簡単な加工であれば1番使いやすいと思います。

◾︎テンプレート

テンプレートは多様なデザインテンプレートから好きなデザインを選ぶことができ、画像を挿入するだけ。余白のサイズ調整なども行えるので、写真に合わせてデザインをしてみてください。

◾︎コラージュ

コラージュは、10枚以下であれば複数枚の画像を組み合わせることができます。デザインのパターンを選べたりテキストの追加など編集も可能。「比率」をタップするとサイズを選べるので、用途に合わせて選択してください。

App Store

Google Play

 

Canva

ストーリーズやFacebookの投稿用から、ポスターやフライヤー、名刺、パンフレットなど様々な種類のデザインテンプレートが揃っています。60,000を超えるテンプレートを見ることができるので、加工アプリとしてはもちろん、デザインの参考としてもおすすめ。

STYLE it.の記事バナーを作成する際も参考にしています。例として使用されている画像もクオリティが高く、写真の参考にもなるのも推しポイント。Canvaも仕事でSNSを使う方にはダウンロードをしておいていただきたいアプリです。

 

テンプレートがたくさんあってどれにしようか目移りしてしまいますが、編集画面は比較的シンプルで使いやすいのでご安心を。色や文字サイズを細かく変更できるので、自分好みに編集できます。

App Store

Google Play


今回紹介したアプリはたった3つですが、どれも実用的で本当におすすめのアプリです。個人的には、Unfoldは思い出記録用、PicsArtはさっと加工したいとき、Canvaはデザインの参考に。とそれぞれ分けながら使用しています。用途に合ったアプリを使ってみてください。

TAG

RELATED ARTICLES