2018.11.12 INTERVIEW

大切だから預ける。服を長く・綺麗に保管できるminikuraのすすめ

by STYLE it.編集部

「そろそろ冬物のアウターを出さないと。」と、ぼんやり考えはじめるこの季節。去年買ったコートやファーブーツをどこに片付けたか忘れてしまった。もしくは、去年冬物をしまったしまった時は綺麗だったのに、クローゼットから引っ張り出したら黄ばんでいた。なんて経験をしたことはありませんか?

そんな衣替えの時季に直面する問題を、【寺田倉庫】が運営する【minikura(ミニクラ)】が解決してくれます。品質を保ちつつ、大切な物を保管してくれるクラウド型の収納サービス、minikuraをご紹介。

自分だけの倉庫を持てるサービス

minikuraは、2012年にリリースした、だれでもいつでもどこからでも自分の倉庫が持てるクラウド型の収納サービスです。寺田倉庫として長年培ってきた保管物の品質管理のノウハウを使ってしっかりと管理をしてくれるだけでなく、ユーザーから預かった箱を開け1点1点撮影を行い、ユーザーはWeb上で預けたモノを確認できます。シーズンオフのアイテムや、使わないけど捨てられない物、服はもちろん本や書類・アルバムや大切なモノなど、これまで実家に送っていたさまざまなモノの管理を行い、現在約1700万アイテムを保管しています。

<特徴>

・徹底した品質・セキュリティ管理

・預けたモノは1点から取り出しが可能

・専用ページからヤフオク!への出品が可能

・クリーニングなど充実したオプションプラン

<メインユーザー>

・大都市圏在住の1人暮らし

・大都市圏在住のファミリー層

<ご利用の流れ>

1.専用BOXを購入

2.アイテムを詰め、倉庫に発送

3.倉庫にて1点1点撮影し、大切に保管します

4.入庫完了し次第、minikuraのマイページからアイテムを管理できる

5.minikuraのマイページ内でアイテム・BOXの取り出しが可能

 

月額利用料も200円〜(※BOX代・取り出し送料が別途かかる場合もあります。)と試しやすい価格設定も嬉しいポイント。専用BOXのサイズやプランも用途に合わせて選べたり、クリーニングの依頼・書類などをデータ化してくれたりとさまざまなオプションプランもあります。

※以下、minikuraチーム姫野さんにお話を伺いました。

徹底した品質管理がポイント

—   品質管理・維持のために意識していることはなんですか?

我々、実は自社の倉庫は持っておらず、大手物流会社さんと組んで事業を行なっています。しかし、品質管理に関する一定の基準を設定しているので、それぞれ異なった倉庫であっても、我々のノウハウを活かした品質の維持ができています。特に温湿度に関しては徹底的に管理しているので、安心してご利用いただけます。

 

—   利用者からはどんな声が上がっていますか?

私もそうなんですけど、物が溢れかえった時はまず実家に送ろうと思うじゃないですか。ただ、実家に送っていても何を送ったのか分からなくなってしまうことがあると思うんです。そういう点で「web上で11点見れるところも助かっている。」という声をいただいています。他にも、アイテム単位で取り出すことも可能なので、「気温が異なる地域に旅行する際シーズンアイテムを取り出せる点も便利。」といった声があります。

 

—   オプションプランなどは利用されていますか?

ヘビーユーザーの方はヤフオク!への出品オプションをご利用いただいています。倉庫では預けていただいたアイテムの写真を撮っているので、ユーザーはその写真を使って、自動で出品することができます。落札後、梱包や郵便局に運ぶ手間がないのもご好評をいただいている点です。我々の倉庫から配送するので、配送元の個人情報の入力が不要な点もメリットになっています。

 

minikuraについて詳しく知りたい方はこちら

 


衣替えの時季に感じる些細な悩みを解決してくれるminikura。物が溢れてしまったけれど、捨てられない。一度買った物を長く大切に持ち続けたい。そんな方にこそおすすめしたい保管サービスです。毎年服や物の整理に困っている方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

minikura HP:https://minikura.com

寺田倉庫 HP:https://www.terrada.co.jp/ja/

TAG

RELATED ARTICLES