2018.10.29 FASHION

EDITOR’S FASHION ITEM 01.DENIM

by STYLE it.編集部

 

STYLE it.編集部では、定期的に編集部員私物を紹介していきます。第1回目は編集長のデニムコレクション!私はカジュアル×レディなスタイルが好みで、とにかくデニムが大好き。新品・古着問わずデニムに目がない私のコレクションを一部ですがご紹介いたします。(レア物が好きな訳ではないので悪しからず。)

(1)WIDE LEG PANTS / X-girl

デニムのワイドパンツを探していたとき、【X-girl(エックスガール)】の展示会で出会いました。しっかりとワイドに広がっているので、綺麗なAラインを叶えてくれます。コンパクトなトップスと合わせればスタイルアップ効果も抜群!Tシャツ1枚+デニムのシンプルなコーディネートもオシャレに仕上げてくれる、お気に入りの1着。

 

(2)テーパードデニム / ???

いつ、どこで買ったのかも覚えてません…。が、恐らくフリマで1500円くらいだったと思います。お尻部分が丸いシルエットになってるので、体のラインが気にならないのが嬉しいポイント。80’sらしさ漂うケミカルウォッシュがちょいダサ感をプラスしてくれるので、コーディネートの外しにぴったり!

 

(3)501 / Levi’s

古着の【Levi’s(リーバイス)】501で、試着をしたらウエストも丈もぴったり!運命を感じて即購入。ストレートなので様々なトップスに合わせやすい、ベーシックな1着。ワンピースやロングスカートの下に履いてもコーディネートの邪魔をしないので、何を着るか迷った時はついつい頼っちゃいます。

 

(4)505 / Levi’s

高校生の頃、古着屋さんでお父さんに買ってもらった505。ゆるっと落ちたシルエットにしたくて大きいサイズを買ったのでベルトで必死に締めています(笑)。しばらくタンスで眠っていたので、ダメージデニムにしてみました。私はカッターやハサミは使わず、東急ハンズなどで売っている耐水紙やすり#80(目が荒いもの)で地道にやすりました。なかなか好みのダメージデニムに出会えなかったので、とってもお気に入りです。

 

(5)オーバーオール / Carhartt

ワークウェアブランドの定番【Carhartt(カーハート)】のオーバーオール。こちらも高校生から着ていて、手放せないアイテムの1つです。オーバーオールはだぼっとしたシルエットで幼い印象になりやすいので、肩紐を片方外したり、ノースリーブと合わせたりしながらカジュアル感を抑えて着るようにしています。

 

==========================

 

ここで紹介したのは私が持ってるデニムアイテムの中でも一部ですが、どれも愛着と思い入れがあってなかなか手放せないものばかり…。デニムは歴史も長く奥が深いので、ここでは特に触れていないのですが、今後別の記事でもデニムの魅力を紹介していきたいと思っています。

 

TAG

RELATED ARTICLES